慣れない葬儀も知識を持って来るべき日に備える

葬儀を行なう際には準備が大切になる

葬儀費用

冠婚葬祭含め、多額の出費が必用な状況は人生において何度か登場します。
故人との別れの場である葬儀もその1つで、三代支出の内訳を大きく占める出費の1つとして有名です。
葬儀を行う際になって、その費用で揉め、トラブルがおきては故人も身内も悲しいものです。
一般的に葬儀にかかる費用は葬儀を行う葬儀場によって異なります。
大手の葬儀会社であればある程度均一な状態であるのが現状です。葬儀会社を料金で選ぶというより、選択可能なプランの有無によって選ぶといいでしょう。
最近では葬儀に関しても多様化し、多くの参列者を招かない「家族葬」などの小規模の形も比較的多く利用されます。
予算内だと多くの参列者を招くのに難しいという場合は、規模の調整を考えてみるといいでしょう。

葬儀にかかる費用の内訳を知ることも大事です。
多くの場合葬儀場に依頼する時は予め用意されたプランを選びます。このプランには様々なサービスが含まれ、中には人によっては不要なプランも存在します。
内訳を知るとこの不要なサービスを省くことが出来、予算内に収めることに繋がるでしょう。
内訳としては、葬儀一式が大部分を占め、お布施や香典返しの費用、式場の使用料などが含まれます。
これに飲食を含む接待飲食費、送迎、宿泊費などが加味された額が葬儀費になります。
必要に迫られない限り知ることのない葬儀の費用を知ることは非常に大切で、前もって話し合いをしておきたいものです。

香典相場

葬儀に参列する際にお供えする香典は包み方や表記の仕方に注意が必要で、包む金額も故人との関係性や近さによって変わってきます。包む金額はキリのいい数字がいいとされ4や9が付く金額は避けるべきとされています。

詳しく読む

お布施

仏式の葬儀を行う際に、依頼するお坊さんに感謝の気持ちとして渡すお布施は、一般的に初七日法要から通夜、葬儀と告別式を合わせて平均的に数十万円包むといわれています。

詳しく読む

供花

葬儀を始め故人に供えるものの1つにお花があります。供える花にも種類があり、供花や枕花、花輪、献花など供えるタイミングによってお花の種類も異なり、供える対象も変わってきます。

詳しく読む